河合亞美と藤間絢也の、日々の日記です。
by ami-aya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


夏の大島

ある日、母からメールが。
「夏の大島が押入れから出てきたから、
取りにきて。」

夏物の着物ね・・。

たいして興味もなく取りに行ったところ・・。

ビニール袋に入ったその着物は(^^;)
かなりすごい状態だった。

母:「洗い張りに出して着てよ。もったいないから。」


もったいないって・・・・・(^^;)
・・その割りになんという保存状態なんだよぉ・・ママ・・。

ってことで、家に帰って試着。
着丈、ギリギリ。ママの着物のわりにかなり短い。
でもなんとかおはしょりは取れる。
裄がツンツルテン。これは出せそうだな。
身幅はちょうどいい・・。

けど、ところどころ破けてるし・・・・
高いお金かけて洗い張りに出すほどかなあ~~

いろいろ考えて、
いつもお世話になっている、福島県の呉服屋さんに
激安丸洗いと裄出しを頼むことにした。
(両方頼んで合計1万円しない、って、すごいオトクでしょ(^-^)♪)


で、つい先日、その大島が戻ってきた。
最近の丸洗いの技術はかなり進んでいて
本当にバカにできない。
激安とは思えない、かなり素晴らしい仕上がり。
裄も、夏の着物としては十分に出てくれた。


夏の着物を着られる期間は短い。


ということでせっかくなので
今日、両親と姉との食事会に着ていくことにした。


母、大喜び。
「あらあ!いいじゃない!」
姉、父も
「似合う似合う」


私:「ねえ、ママ、なんでこれ、ところどころ破れてるの?
   乱暴に扱ってたんでしょう?」

母:「え?知らない」

私:「知らないってなにそれ。自分の着物でしょう?」


ここで、衝撃の事実が判明!!!


母:「違うわよ。おかあさん(私の祖母)の着物よ。それ。」


ええええええええええ~~!!!!!!!


道理で、ママの着物の割には着丈が短かったんだ・・・。


祖母(元女優の三城輝子)は私が中学一年の時に他界した。

普段はどうでもいいカッコをしていたが(笑)
着物を着ると別人のように美しく変身する人だった。
秋冬に、祖母が白っぽい付け下げをきりりと着こなし
姿見の前で帯をぽん、と叩いていた姿を
今も思い出せる。


私が物心ついてから、祖母が夏に着物を着ているのを
見たことがない。
ってことは、一体この着物は
何年、押入れに眠っていたのだろう??


大島は、普段の着物。
(礼装ではない)
しかし、織は美しく、ツヤがあり
シャリ感が本当に気持ちいい。
正絹の夏大島は、ある意味、かなりぜいたく品だ。


なんといっても、その着心地のよさに愕然!
軽い、そして、涼しい!!
普段私が着ている人絹(ポリエステル)の夏物とは
雲泥の差の着心地だ。


やっぱり、イイモノって・・・・・イイのね・・・・
(ちょっといろんな意味でショックだった・・・
イイモノ・・・欲しいな・・・・・(T^T))


もし私が日本舞踊をやっていなかったら
この着物を着ることはなかっただろう・・。
思いがけず、祖母の形見を手にして・・感慨深かった。



これが、その着物です。
d0080387_1365411.jpg
携帯写メ自分撮りにつき、わかりにくいですが。


紗献上の帯を合わせたところ
大変涼しげですっきりとした装いになりました♪
今度、歌舞伎座に着ていこう~~♪



おばあちゃま。
この着物は、毎年夏がくるたびに、
亜美が大切に、着させてもらいます。
天国から見守っていてくれて、いつもいつもありがとうね。

-------------------------------------------------------------

母と姉、二人に言われた。

「亜美、変わったね」

へ?どこが?

母:「歩き方がすごく綺麗。
   今遠くから見てて、『ああ、綺麗に歩いてくる着物の人がいるな』
   と思ったら亜美だった。」

姉:「そうそう。ちょこちょこしなくなったよね。
   ゆったりした雰囲気が出るようになったよね」

母:「しゃべりかたも変わったわよ。
   前はもっとガチャガチャしていたのにね。」

姉:「うん。なんか、オトナの女のしっとり感が出てきたよ。」

母:「やっぱり、日本舞踊やって、
   しっかりしたお師匠様についているおかげかしら。」

姉:「たぶんそうじゃない?
   それにほら、芸能界はさ、私が私が!って前へ前へ出なくちゃいけないから
   亜美も無理してやってたところあるじゃない?
   伝統芸能の世界だとさ、やっぱり、師匠や先輩方を立てたり、
   一歩下がったり、とかあるに決まってるから、
   自然に自分を抑えたりすることができるようになるんじゃない?」

母:「なるほどねえ。そうねえ。
   ああいう世界に行って
   ちゃんとしたお師匠様に鍛えられると、
   こういう風に変わるもんなのねえ」

姉:「ホントだよね。やっと亜美もオトナのオンナになった、ってカンジするよねえ。」


・・・・・・・・・・ええと。

ママ、おねえちゃま。
たぶん、二人とも、とっても私を褒めてくれてるのでしょうけど・・・・。


私は以前、そんなにがちゃがちゃして、落ち着きのないコドモだったのですかっ?!(涙)

※あ。8/14だ!絶対にここを見てないと思うけど、
思い出したから、言っておこうっと♪
中国にいる洋介くん。お誕生日おめでとう!
ついに大台?!ううわあああああー。
[PR]
by ami-aya | 2006-08-14 01:49
<< 怒られたらやめるー。 お守りは、大事にする >>