河合亞美と藤間絢也の、日々の日記です。
by ami-aya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


ミクシィにあった「バトン」

ミクシィに限らず
ブログの日記などにも
よく「落ちている」、「バトン」。

バトン、ってくらいなもんだから、
「受け渡す」わけで、
「見た人は同じようにこたえなさ~い」というわけ。


バトンは見るだけで
あまりやらないけど、
同門のちえさんの日記にあったバトンが
ちょっと面白かったので、
お洗濯の合間にやってしまお♪

--------------------------------

1、どんな外見の人がツボですかぁー?
 →おっ、と思うのは、眼が大きくて、
   細身で長身・180センチ以上の人です。
  見ちゃいますね、やっぱり(笑)
 
 ※ 眼の保養用、という意味での「ツボ」。
  この「ツボ」と「恋愛」の関連性はゼロ。
  「ツボ」の人を「好き」になることもあれば
  そうでないことも・・・・。
  そうでない確立のほうが圧倒的に高い。

パーツなら、手が綺麗な人。
指が長くてつめの形が綺麗な男の人の手には
見とれてしまいます。

    
2、どんな性格がツボ?
 →人情に厚く、基本的に人に優しい人。
   そして、自分の世界がはっきりしてる人。
   私と、笑いのツボが同じ人。

3、SとMどっちがツボ?
 →S。 男も、女も、ちょっとSな人が好き・・・。
   そういう人がちょっと垣間見せるMな面に
   さらにぐっとくる(笑)

4、お酒を飲める、飲めないどっちがツボ?
 →飲める人。特に男の人は・・・。
  「一滴も飲めません」という男性と
  深い人間関係を構築するのは極めて困難です。

5、綺麗系とかわいい系ならどっちがツボ?
 →女の子はかわいい系。
   自分が面長なので、丸顔でおめめぱっちりの女の子に弱い。
  
  男子は・・・・どんな男の人も結局は「かわいい」からね・・(笑)

6、髪型はどんなんがツボ?
 →男子は、とにかく、すっきり短いのが好き!
   耳から頤(おとがい)にかけての線に男の色気を見る私。
   
  女の子は似合えばなんでもね。


7、服装はどんなんがツボ?
 →ヨットパーカーがとっても好き。なぜかしらん。

   
8、あなたのツボに合った人が現れたら?
 →ツボに合ったひと・・・・
  ・・・・惚れた異性、という意味・・・?
  「私はあなたが好きよ」というオーラを出しまくっていきます。


9、実際のところマイミクにツボな人はいる
 →はははは。 外見のツボは、いますね。
   性格のツボも、いますね。
   恋に落ちてはいませんが。


10、恋愛対象はいくつからいくつまで?
 →どうだろう。昔は絶対に3つ以上年上、だったが・・。
   この年齢になると、もう、なにがなんだか(笑)。
   っていうか、既に嫁に行ってるし・・・。


11、無口な人としゃべる人ならどっちがいい?
 →しゃべるひと。少なくとも、私の前では、しゃべるひと。
  あ、普段はそんなにしゃべらないキャラなのに、
  私といるときだけ異様に饒舌、とか、そういうの、結構嬉しくて好き。

 ※他人には見せない、へんなモノマネとかしてくれると
  幸せ一杯♪♪


12、異性のどんなとこに弱い?
→たま~~に見せる弱いところ。
 普段威張ってるのにちょっとしょんぼりしてたりするとたまらない・・・・。
 うわ、おんなっぽい、ベタな答えだな。

 それから、意外と、喧嘩した時に見せる「怒った顔」ってのに弱い。
 「あ、怒った顔もいい」とか、思ってる私がいる(笑笑)。

 ・・・私、残念ながらかなりMです(T-T)


13、異性に言われて、もしくはされていやな事は?
→ドアを私に開けさせないで。(ドアは開けて)
 レストランやカフェで、壁側に座らないで(女は奥に座るものよ)。
 お好み焼き屋や焼肉屋で私に焼かせないで(男の出番です)。
 私を「あなた」「君」と呼ばないで(名前で呼んで。親しくなったら「オマエ」にして)。
 私の左側を歩かないで(私は左じゃなくちゃいやなの)。


14、好きな人が出来るとどんな行動をとる?
→何もかもに対して、パワフルになります。
 苦しい恋愛になりますと、ご飯を食べなくなりますが
 楽しい恋愛になりましたら、生きてることが幸せ♪になります。


15、積極的?消極的?
→積極的です。


16、告白する方されたい方?
→されたいですが、するほうです。
 でも最後の一言は、必ず相手に言わせるよう持っていきます。
[PR]
by ami-aya | 2007-10-14 14:26
<< 詩 東京タワー >>