河合亞美と藤間絢也の、日々の日記です。
by ami-aya


<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

もう一個のパンも美味(^^)v

ん。美味しかった。


ふう。
そういえば、私。
いつも何かしてないと
気が済まなくて。

そしていつもいつも急ぎ足で。


ぼうっと寛ぐという時間が
ほとんどないなあ。


今このひととき。


こういう時間がたまには必要だなあ。

クラシック音楽。
木漏れ日。
道行く人々。
気持ちよく冷房がきいた店内。


何も考えず。
過去のことも
未来のことも。


もう少し自分を休ませてあげる方法を

上手に見つけよう。

これからは。



できるかな(笑)
[PR]
by ami-aya | 2006-08-29 13:04

ランチ(^-^)

d0080387_12351074.jpg

食べかけで失礼!

珍しくカフェでランチ(^-^)


手前のパンがあまりに美味しくて!

ゆったりとした時間。

ほんわかと
幸せ。
[PR]
by ami-aya | 2006-08-29 12:35

ふと

日本舞踊に、打ち込もうと決めて

ずっと続けていた英会話学校をやめた。

お稽古日の誘いは
すべて断るようになった。
お稽古の前日はお酒を控えるから
付き合っても乗れない。

よそいきの服を買わなくなった。

足をいたわるために
パンプスをはかなくなった。

舞踊会や歌舞伎を見ることが優先なので
友人が出演する舞台にも
不義理するようになった。

学生時代の友人とほとんど会わなくなった。

今日発売のファッション誌の中吊り広告を見て


結構いろんなものと
縁が遠くなってしまったなあと

ふと思った。

日本舞踊と近づいた分。
遠くなったものは、多い。

でも全部は手に入れられないから。

仕方ないこと。
[PR]
by ami-aya | 2006-08-28 08:49

宵越の銭はもたねえよ→もちます(笑)

「宵越の銭はもたねえよ」と
その晩の賭場で
有り金はたいてしまう江戸っ子のにいさん・・。

ワタクシも江戸っ子ですが
宵越の銭は、もちます(笑)

宵越の銭は持ちますが、
宵越で持たないようにしているものがあります。

その日のうちに、絶対に終わらせておく、なくしておくもの。


「ケンカ」

「宵越のケンカはしない」は
私の母親が、幼い頃から、私たち姉妹に厳命した教育。
母自身、それを実践していました。


たとえば、父と激しい夫婦喧嘩がある・・・
父は若い頃かなりキツイ人だったので・・・
子供からみても明らかに父の態度は横柄で理不尽・・・
母はかわいそう・・・・。

でも母は必ずその日のうちに、父に謝るし
父が悪い時には(ほとんどがこっちです・笑)
その日のうちに許していました。

「よく謝れるな」
「よく許せるなあ」といつも不思議でした。

「一緒に暮らしていくんだから。
わだかまりはさっさと終わらせないと。
宵越のケンカはしちゃだめ」

このように教育された姉妹は
確実にそれを実践して育ちました。
姉妹で大喧嘩しても、翌日まで持ち越さない。

そして、母の教育の特徴として、
「妹から謝れ」がありました。

通常、よくきくのは、「おねえちゃんなんだから我慢しなさい」。

ウチは違いました。
母の教育は
「おねえちゃまのほうが3年も早く生まれてる
年上の人。
年上の人は絶対に敬うべき。
年下の人間が、先に謝りなさい。」
もちろん許す時も。
「おねえちゃまは年上の人なんだから
亜美はもう許しなさい。」


くやしいけど、謝る。
悔しいけど、許す。
そして、できるだけ早く人間関係を修復する。

これは100%私の人生に染み付いています。


私の人生で
「怒って3日も4日も口をきかない」とか、
そういう風に「怒り」を持続することはありえません。
「謝るタイミングを逃してだまりこむ」もありません。


何かが起きたら・・・・
私が怒ることでも、相手が怒ったことでも・・・・。


その日のうちに、その件を終わらせるようにしています。

言いたいことを我慢して、謝ることもあれば
言いたいことを我慢して、許すこともある。

言いたいことは、お互いに機嫌がいいときに
何気なく伝えればいい。


もちろん
言いたいことを、きちんと伝えたうえで謝ることもあります。
言いたいことを、きちんと伝えたうえで許すこともあります。

若干の価値観の違いがあっても
真摯に伝えれば、問題は解決するものです。

ケンカもわだかまりも、人間関係だから、
起きて当然だし、それを越えたところで
深まる愛情も、当然、あります。

でも

ケンカ状態、わだかまり状態、は
長引かせては、絶対にいけません。


どんな手段を使っても、できるだけ早く
とにかく修復する。


相手が大事な人なら、
よりいっそう、そうするべきだと思います。

私の場合、
自分が謝る立場でも
自分が謝られる立場でも
ほとんど「私が先」に行動します。

先に謝る。
早く相手の許しを乞う。

先に許す。
ただし、必ず、なぜ怒ったのか
なぜ傷ついたのか、を
しっかりと伝える。
その上で、相手が謝りやすい状況を作る。
相手から素直な「ごめんね」の言葉が出たら
もう、その瞬間100%許す。

許してくれるのを待つ、とか
謝ってくるのを待つ、とか
それはしません。

相手が許しやすいよう、自分から行動する。
相手が謝りやすいよう、自分から行動する。

待ってる間の、
悶々としてる時間がもったいないから。

人生は短いです。

大切な人との人間関係が、こじれたら
一刻も早く修復して、
もとのとおりに笑い転げたいじゃないですか。

悶々としてる時間くらい、
苦痛で、いやな時間はありません。


もとのとおりに笑い転げるためなら、
「私が先にあやまるわけ?!」
「向こうが悪いのに、なんで私から電話を?!」
という、「くだらないプライド」は
全部捨てます。捨てられます。


相手だって、さっさと許して欲しいだろうし、
さっさと許したいに決まってるんですから。
その相手に愛情を持っているなら
(男女の関係だけでなく、親子でも姉妹でも友達でも)
相手のことを楽にしてあげることが大切。
自分が楽になるためにも。


宵越のケンカはしない。

ぜひみなさんもモットーにしてみてください♪


でもねえ。
こじれた時間は長くないほうがいいけど。
こじれた時に見えるものってのもあるから・・・
こじれる経験は、悪くはないんですよねえ。

こじれたことがきっかけで
「え?!そうだったの?!」とう
愛情確認ができてしまうことがあります。

こじれてる間はしんどいけど。

上手に修復できるなら。
コミュニケーションの一種なのかもしれませんね。
[PR]
by ami-aya | 2006-08-26 14:45

あ・・もしや?!

むかーし。

ドリフの「8時だヨ 全員集合」のコントで
セットがどんどん崩壊していき
回り舞台で転換・・・ってのを
よく見てましたが・・・。

あれって、「歌舞伎」がヒントなんですってね。
歌舞伎は私たちが知らない間に
いろんな芸能に影響を与えているようです。
間違いなく。


というお話をふまえて。

八月の納涼歌舞伎
第一部の「慶安太平記」の
最後の大クライマックスの立ち回りを見て
興奮しつつ、
「なんだか、ものすごく懐かしいこのカンジはなんだ・・?」と
思っていました。


橋之助を相手にカラミのみなさんが
「はー!」「ふぉあ!」という声あげながら
かかっていく・・・・・・。


あ。これは!!!!


仮面ライダーのショッカーのみなさんは
これが原点?!


私がレギュラー出演していた
「機動刑事ジバン」の「マスク」。
「ジュウレンジャー」の「ゴーレム」。


ああ。ああ・・・・・そう・・・思い出すと・・・

まるで歌舞伎の「カラミ」だ!!

そこでいろいろ思い出してみると
ストーリーの無茶な展開とか(笑)
そういうのも根底に歌舞伎が流れていたような・・・・。


あの特撮番組には特撮番組独特の様式美のようなものがありました。
今もそれが残っているかどうか、
最近見てないのでわかりませんが、
少なくともわたしが 
東映の撮影所にまるで学校にいくみたいに通っていた頃は
そういう世界でした。


うん、絶対にそうだ。


東映の子供番組の。



原点は歌舞伎だ。
[PR]
by ami-aya | 2006-08-24 23:15

ぶわはははは

仲よしさんと二人で
ふざけたノリで
「なぞのブログ」を作りました。

管理人は一応私。
で、読者は一人(笑)


ふたりにしかわからない、
スーパー内輪ウケな内容で
私が記事を書くと、
なにやら、ちゃんと、お客さんになって
コメント欄にコメントをつけてくれます。

別にそんな、ウチワウケなら
メールのやりとりするなり、なんなりすりゃーいいんのですが、
わざわざブログにして、
ネット上に一応公開してるところがオカシイ(笑)
で、だれも、それ、わかんない(笑)。


何かしらの検索ワードで
知らないお客さんがひっかかってこないかな?と
思いつつ、
毎日アクセス解析を見るんだけど・・
今日もお客さんは一人。ぶはははは。


急に文章の合間に
「木村拓哉」とか入れたら
検索ヒットするようになるんだろうな。
入れないけど(笑笑)


匿名で、何かやったことがないので
(素性を隠して書き込んだりしたことがない)
なんだか、面白いんですけど。


親友同士、恋人同士、
仲間同士で、
そういうの、結構楽しめるかもしれませんよ。
はははは。


※完全私信※
更新しといてやったぞ~~。
コメントがあまりに面白かったから、ご褒美♪
楽しんで頂戴(楽しいのか?!)
[PR]
by ami-aya | 2006-08-23 00:49

楽しかった~~!!

歌舞伎!
楽しかった~~!!!(^0^)

特に第一部の「慶安太平記」
第二部の「吉原狐」は最高でした♪

楽しかった!面白かった!
これぞ歌舞伎!
満喫です!


で、思うところありまして・・・。
「歌舞伎感想」は、以前のようには
「HPでは展開しないことにしました。

おもしろかった~~とか
たのしかった~とか
○○が好き~~とか
そのくらいのことだけは、日記に書いてもいいかな。
流れていくし。

今までのものはHP上においておきますが
(そのうち削除するかも・・・・)
ああいうふうには今後、書きません。

「見に行きました♪」は日記に書くので
「自分も同じ演目を見に行ったので、そのことについて
語りたい!」という方は
ぜひメールを下さい♪
[PR]
by ami-aya | 2006-08-22 19:47

間に合わない!

これから歌舞伎座!

着物で行くつもりで準備してたけど
間に合わない・゜・(>_<)・゜・

それに…

夏大島、お尻に破れそうな箇所発見。
足が投げ出せないから
膝が治るまでお稽古以外では
着物は着ないほうがいいみたいだし。


洋服で行くことにしました。

何ヶ月ぶりかなo(^o^)o歌舞伎座。嬉しいな(^-^)


私の小さな夏休みです。

※早稲田実業おめでとう!
早実は私にとって特別な学校。
荒木大輔に夢中だった少女時代。
早実に優勝させたくて
必死に祈っていた日々が蘇り。

思わず涙がこみあげました。
[PR]
by ami-aya | 2006-08-22 10:51

正解!早めのお手当て!

先日の日記には・・・
コメントいただいたり(コスモスさん。すみません)。
メールをいただいたり。

皆さんにご心配頂き本当にありがとうございました。


皆様に背中を押されて
今日、病院に行ってまいりました。
お盆休み明けの病院はすごい混雑で
最初に診察室に入るまでに2時間半も待ちました。


しかし・・・。


行った甲斐あり!!!でした!!


まず診察。
医者:「ああー。膝、腫れちゃってるね。痛いのはここ?うん。
    まずはレントゲンを撮ろうか。」

(T^T)最初の診療は3分でおしまい・・・2時間半待ったのに・・。


レントゲン撮影。
時間がかかりました。
いろんな角度から、いろんなカッコさせられて。

レントゲン撮影の結果が出てもう一度診察室へ・・・。


医者:「まずね。関節はそれほど磨り減ってない。クッションもまだ平気。
    変形もしてないね。
    ただ、ここ(膝の関節の内側)が弱いんだね。
    ここが弱いから、周りがココを支えようと頑張って、筋肉がついてくるんだけど。
    ところが、そのココを支えてるこの辺や、この辺の筋肉が
    疲れてきちゃったの。
    いままで支えてくれたところが疲れちゃったわけだから、
    元々弱いところが痛む。これ、当然だよね?」


なるほど・・。

医者:「で、疲労が蓄積して、膝のこの筋の部分が腫れてきちゃったんだね。
    でも、水が溜まったりしてないから、大丈夫。
    回復は早いですよ。」


(T^T)ああああああああああ!!!よかった!!!!


医者:「正座、厳禁だね」


げげっ!日本舞踊を勉強する私に正座をするなとは!
それはー!!ちょっと無理かも・・。


医者:「仕方ないけど・・。じゃあ御稽古以外のときは
    絶対にやめてね。」

はい。

医者:「御稽古、しても平気。でもね。
    しばらくの間、あまり無理に張り切りすぎはだめ。」

はい。無理はやめます。


医者:「しばらくリハビリしていこうね」


ってことで、病院の中にある理学療法士の先生の元へ・・・。


ハリの先生:「あー久しぶり。腰がよくなったら今度は膝?また頑張っちゃったの?」


へへへ・・・・(^^;)


ハリの先生:「ああ・・・うんうん。ここ(モモの筋肉。裏も表も)が
        めちゃめちゃ疲労しちゃったね。
        中学生なら、自力で治っちゃうけど、
        年だから、それは無理だよね。疲労がとりきれないまま
        また頑張って、また疲労を重ねて・・・・
        ってやって、ココまできちゃったんだね。」

がびーん。「としだから」か・・。

ま、しょうがないな・・・


ハリの先生:「ストレッチやってる?」


やってます・・・・。

ハリの先生:「いつ、やってる?」


お稽古の前に。入念に。


ハリの先生:「御稽古の直後は?」


うっ!やってない!やってません!


ハリの先生:「あーそりゃあだめだよー。
        お稽古の前のストレッチの意味は
       お稽古中に傷めない、ってことが目的ね。
       お稽古の後ってのは、疲れを取るのが目的なんだよ。
       後も入念にやらないと」


そうかああああ!!!

むむ・・・これからはギリギリまで踊って
慌てて帰ることを少し控えて、
ちゃんとストレッチをしてから帰るようにしよう・・・!


ハリの先生:「(足を触って)・・足の内側に力が入る運動してるよね・・
        それから、うんとジャンプしたり、強く踏んだりしてる?最近」


あ。よく踏みます。そういえば。
自分の御稽古以外も男の踊りが多くて。


ハリの先生:「男っぽくだだーんとかやってるでしょう」


!!!そのとおり!考えてみれば
男の踊りばっかり踊ってます。


ハリの先生:「そりゃあ、この筋肉が疲労するさね(笑)
        モモの筋肉が疲労して、膝に負担がかかってるから
        膝じゃなくてモモにハリをうちますよ」


なるほど!





疲労を取るための電気バリとマッサージをしていただきました。


特にマッサージ!!


気持ちよかった~~!


足をもんでもらうってなんて気持ちがいいんだろう?!


「痛気持ちいい」に身をゆだね、時間はながれ・・。

終わって立ち上がってみたら
その足の軽いこと!!!

いやー!一回で効果がでた!!

ハリの先生:「すぐ効果が出るってことは治るのが早い証拠だよ」


わあい♪

しばらく通います。


でも大事に到ってなくてよかったです。


もちろんとても注意が必要な状況だけど
早めにお手当てして本当によかった!


皆様。ご心配、本当にありがとうございました!
普段は、コワイお兄さんのように足を投げ出しておくことも
お医者様から勧められました(笑)


すいている電車のすみっこで
チンピ○状態で足を投げ出している私を見つけても
どうか許してください(笑)


それにしても長い時間でした・・・病院・・・・。
[PR]
by ami-aya | 2006-08-21 22:47

決意。早めのお手当て。

いろいろ応援してくださっている
舞踊家の先生から、
私のこのブログ日記を読んだ、とのことで
メールをいただきました。
あら、何かしら♪


「膝!!
僕も過去に2度ほどやってるので
他人事ではありません!
ひどくなると手術しなくてはならないことがあります!」

えっ。

「早めに病院へ行ったほうがいいです」


それは師匠にも言われてる・・・・・・。


とてもとても心配してくださってる内容。
あうあう(T^T).ありがとうございます・・・。


ってことで、そのメールに書いてくださった、
可能性の高い病名を、今、検索に掛けてみました。

変形膝関節症。

まさか、そんな、大げさな・・・・・。
クリックくりっく♪ふむふむ。


・・・・・・・・。んん?


・・・・・・・大ショック・・・・(T^T)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・。・・・・。あまりにヒットしてる内容・・・・・・・・。
まるで私のことを書いたみたいな・・・・
その症状の進行状況・・・・。


とにかく、早急に病院に行きます。
かなり精神的にへこんでます。


踊れなくなること以上に怖いことなんてこの世にない。
そして、その「最大の恐怖」が私の胸に広がって、
今この夏一番の「恐怖劇場」に入り込んでしまった感じです
(なんじゃそりゃ→あまりのショックに頭がおかしくなってる)


次から次へと、まあまあまあ。
なんだ私は、一体。
穏やかにすごせる日々はないのかっ?!


これが解決すれば、これ、これが終わると、これ。

特別いいことがなくてもいいから!


「フツウ」にすごせないものですかっ?!
「フツウ」に健康で、「フツウ」に心地よく。
そういう時間は、なしですかっ?!



神様は私に安らぎを与えてくれません。

「ほれほれ。次の苦難をあたえてやろー。
それでも、踊りを続けるのかね?
ふっふっふっ。」


そうやって試されてる。絶対に。

ユーミンの「シンデレラエキスプレス」の一節を声高に歌ってやる。

「いじわるーなこのーてすとをー
わたしーきっとーぱすしてーみせるー♪」


パスしてみせるよ。


ちくしょう。
ちくしょうちくしょうちくしょう!!!

死ぬほど好きだから。
こんなに好きだから、試練があるのか?!
これが「好き」になった代償なのか?!

ちくしょうちくしょう!!!

そして、なんで私の体はこんなに弱い?!
鋼のような強靭な肉体が欲しい。


ちっくしょ~~~~~~~~~~~!!!!


ばっかやろ~~~~~!!!!!

※(叫ばせてください)

→でもいろいろあるからHPや日記にネタが増えるわけか(笑)。
ネタだらけの人生。はっはっは。
なんだかもう。はらほろひれはら。

-------------------------------------
ちなみにサイトに出ていた、
この病気の人の日常生活注意ポイント。

1・肥満を解消する
2・運動不足を解消する
3・足にあった靴を選ぶ
4・和服を着る機会の多い人は、和服を脱いだら足のストレッチをする
5・毎日お風呂に入り血行をよくする
6・サポーターなどを利用して膝を冷やさないようにする
7・杖を利用する など


肥満じゃない、運動不足じゃない
靴は足にあったスニーカーしかはかない

4・5.6、だな。

7は。まだ、若いので、ちょっと(^^;)
[PR]
by ami-aya | 2006-08-20 13:18